骨盤枕ダイエット方法最新情報

肋骨と骨盤の間の長さを測る

自分の骨盤の状態は、肋骨と骨盤の間の長さを測ることで判断できます。

 

測定する時には、しっかりと背筋を伸ばし、中心に重心を置くようにして正座をしましょう。

 

そして左右が同じ位置になるように肋骨の一番下に当たる部分に親指を置くようにします。

 

そして人差し指か中指を使って、骨盤の上部までの長さがどれくらいの距離なのか測ります。

 

もし片方だけが長かったり短かったら、骨盤に歪みが生じていることになります。右側が長ければ骨盤は左に傾いており、左が長ければ骨盤が右に傾いていると判断することができます。

 

その他にも仰向けになり、左右の足の長さを確認する方法で骨盤の歪みを確認することができます。

 

足の長さが不揃いなのは、骨盤の歪みが原因です。

 

また、しっかり背筋を伸ばして立っているのに、肩の高さが合っていない時も骨盤が歪んでいると考えられます。

 

また、靴のすり減り方でも判断することができます。片方の靴にだけすり減りが見られる場合は、骨盤が歪んでいることが原因で歩き方に異常が出ていると判断できます。

 

こうした判断方法は、骨盤枕を用いた体操をスタートする機会となっているそうです。

 

自分の骨盤が歪んでいるとわかったらすぐに対処することは早く改善されることにつながるので、ぜひ放置しておかずに、ぜひオリジナルの骨盤枕を作ってみましょう。

 

骨盤枕はタオルでも簡単に作れるので、すぐに始めることができますよ。