骨盤枕ダイエット方法最新情報

骨盤枕を使った健康法

骨盤枕の使い方をご紹介しましょう。

 

まずは、床に座った状態で骨盤枕を腰のところに当て、腰の下にくるように寝転びます。

 

枕の中心がおへその真ん中にくるように置くのがポイントです。

 

背筋は伸ばし、足はハの字にして親指をつけ、両腕は上にあげて手のひらを床側に向け、小指同士をつけます。

 

視線は天井に向け、体の力を抜き、この状態で5分間キープします。

 

この体勢をとることによって、腰周辺が枕で持ち上がり、さらに手と足を伸ばしていますから、体全体が伸びて腰や背中の筋肉が広がる感じがすると思います。

 

そして、終わったらゆっくりと起き上がるようにしましょう。

 

とても簡単にできるエクササイズですが、実はこれだけのことでも骨盤に歪みがある人にとってはとても負担になるのです。

 

このエクササイズをしてみて、あまりにつらいようでしたら無理をせず、1〜2分からはじめてみてください。

 

長時間やってもあまり意味がないようですから、慣れてきたら5分までで行うようにしてください。

 

ご自身の骨盤が歪んでいるのかわからなくても、この骨盤枕を使ってみて、このポーズがきついと感じるようだったら歪みがあるということになります。

 

続けることによって骨盤が正しい位置に矯正され、さらに骨盤が矯正されることでウエスト周りが細くなるという嬉しい効果もありますので、ぜひお試しいただければと思います。